神戸観光ガイド

神戸観光

  •  
  •  
  •  

鉄人28号モニュメント

1995年の阪神大震災で神戸は壊滅的な損害を受けましたが、中でも被害が大きかったのが長田区。地震後に発生した火災が商店街を焼き尽くし、多くの人が犠牲となりました。

そんな長田区の復興を目指して、地元のNPO法人が始めたのが神戸鉄人プロジェクト。そのシンボルといえるのが、長田区のJR新長田駅前に設置された鉄人28号の巨大モニュメントです。

高さは15.3メートル、直立すれば18メートルの実物大になります。外装は耐候性鋼板製、重量50トン、総工費13,500万円。神戸市の補助金と個人、企業の寄付で建てました。

駅前の若松公園に置かれ、地元の人たちだけでなく観光客も立ち寄る名所となっています。市もこれに合わせ、周辺の街路灯を鉄人の頭部に合わせた形に変えて、プロジェクトを応援しています。

プロジェクトは、神戸出身の漫画家横山光輝さんの代表作である鉄人28号や三国志のコンテンツで街を飾り、地域復興の追い風にしようと、2006年に始まりました。

07年から三国志祭を区内で開催する一方、09年に復興のシンボルとして鉄人28号モニュメントを建てました。

11年には神戸三国志ガーデンをオープン、三国志の合戦をジオラマで再現、中国映画「レッドクリフ」で使用された衣装や小道具も展示しています。

現在は三国志に登場する蜀の武将で、弓の名人とされる黄忠像を新長田駅前に建てる計画を持っています。

今の新長田駅前はまるで横山光輝ワールド。多くの漫画ファン、歴史ファンが集う姿に、神戸の復興をうかがい知ることができます。

▲ PAGE TOP 

Copyright 神戸観光 All Rights Reserved.