神戸観光ガイド

神戸観光

  •  
  •  
  •  

王子動物園

子供たちが大好きな動物は何でしょう。いろんな答えが出るでしょうが、どのアンケートでも必ず上位に入っているのが、ジャイアントパンダとコアラ。その両方を1度に見ることができる日本唯一の動物園が、阪急王子公園駅から歩いて3分、灘区王子町の王子公園内にある神戸市立王子動物園です。

1951年に現在地で開園しました。園内は広さ8万平方メートルで、動物エリア、動物科学資料館、遊園地、レストラン・ショップ、旧ハンター住宅の5つのエリアに分かれています。

動物エリアには約130種、800点の動物が展示されています。展示中のパンダは20歳のメス・タンタン。2000年にオスのコウコウとともに中国からやってきました。2代目のコウコウが亡くなってから1頭だけなので、新しいオスの迎え入れに向け、準備をしているそうです。

パンダは遠くから眺める動物園が多いのですが、ここは至近距離からタンタンの姿を眺められるのがうれしいところ。パンダ、コアラのほかには、絶滅が心配されるアムールトラ、ホッキョクグマ、アムールヒョウや、定番のライオン、インドゾウ、チンパンジーなどが人気者になっています。

資料館は動物の骨格標本を展示する一方、動物が暮らす環境をジオラマや映像で紹介しています。遊園地はメリーゴーランドや観覧車など20近いアトラクションが設けられ、1日中歓声に包まれています。

旧ハンター住宅は中央区北野町の異人館通りから移設した外国人住宅。異人館としては最大級の広さで、英国調の建築様式で建てられています。水曜休園。

▲ PAGE TOP 

Copyright 神戸観光 All Rights Reserved.