神戸観光ガイド

神戸観光

  •  
  •  
  •  

布引ハーブ園

ロープウェイを降りると、そこは四季折々のハーブと花が出迎えてくれる別世界

JR新神戸駅から歩いて5分、中央区北野町にある神戸市立布引ハーブ園は、ハーブのことなら何でも分かるおしゃれな日本最大級のハーブ園です。

神戸布引ロープウェイの風の丘中間駅と、ハーブ園山頂駅の間に広がっていて、家族連れや女子会にはぴったりの場所。香りの庭園はラベンダーやカモミールを中心に200種ものハーブや花が植えられています。

六甲山系の斜面にありますから、園内のハーブや花だけでなく、神戸の街並みも一望のもと。神戸港を行き交う外航船やクルージング船の姿も目に入ってきます。晴れの日はハーブの栽培方法や利用法を学べるガイドツアーも開催しており、1度体験したらあなたもハーブ博士。

休憩所の香りの芝生やハーブティーを味わえるグラスハウスも設けられています。香りの資料館はハーブの利用方法や歴史について、幅広く資料展示されています。

ガーデンテラスでは神戸の街を眺めながら、ハーブの足湯でくつろげます。森のホールは最高部12メートルのドーム型多目的ホール。さまざまなイベント会場として使用されています。

ロープウェイ山頂駅に隣接の展望レストハウスでは、1階にハーブを生かしたアイテムの販売店、2階にハーブを使った料理を楽しめるレストランが置かれています。

開園は1991年で、ロープウェイも同時に開業しました。2006年に布引ハーブ園と改称し、10年から民間の神戸リゾートサービスが指定管理者となり、ロープウェイも含めて運営しています。

▲ PAGE TOP 

Copyright 神戸観光 All Rights Reserved.